【必見】知っていると印刷会社とのやりとりがスムーズになる用語集②

公開日: :

こんにちは!トリヤマです!

前回に引き続き、知っていると印刷会社とのやり取りがスムーズになる用語集をご紹介します!

前回は印刷のスケジュールに関する用語集でしたが、今回は印刷物や製本に関わる用語を独断と偏見でピックアップしました。
今回も頻出単語が目白押しですので、ぜひご覧ください!

前回の記事はコチラ
【必見】知っていると印刷会社とのやりとりがスムーズになる用語集①

よく使われる印刷用語一覧

 

●トンボ

【必見】知っていると印刷会社とのやりとりがスムーズになる用語集②

 

トンボとは、用紙に記されている目印のことをいいます。
用途は大きく分けて2種類あり、四隅にあるトンボは「角トンボ」といい、用紙を断裁する際の指標にします。角トンボの内側の線でカットします。

中央にある十字のトンボは「センタートンボ」といい、多色刷りの際に色の刷り合わせがズレないようにする目印となります。

なぜトンボというかというと、センタートンボが昆虫のトンボに似ていることに由来します。

 

●ノンブル
ノンブルとは、ページ番号を表す数字のことです。ページの余白部分に記載されていることが多いですね。
由来は、フランス語で番号を表す「nombre」からきています。

 

●表1、表2、表3、表4

【必見】知っていると印刷会社とのやりとりがスムーズになる用語集②

表紙のどの部分にあたるか、番号を付けたものです。

表紙は「表1」、「表1」の裏面は「表2」、
裏表紙は、「表4」、「表4」の裏面は「表3」と
呼ばれています。

 

●奥付
「おくづけ」と読みます。書籍の最後に記載されている部分のことです。著者名、発行者名、発行日、発行部数、定価、出版社名、印刷所名…などなど、書籍の情報が明記されています。

 

●キャプション
写真や図表などに付ける、短い説明文や表題のことをいいます。

 

●ノド
冊子の綴じ部分を「ノド」と言います。逆に、ペラペラとめくる部分は「小口(こぐち)」と言います。
綴じ方によってはノドが完全に開かないため、ページのデザインに注意が必要です。
詳しくは以下の記事に掲載されておりますので、ぜひご覧ください。
【必見】こんなに違う!印刷方式の種類と用途まとめ

 

●台割り
台割りとは、冊子や書籍の「設計図」のようなものです。全体で何ページになるのか、どのページに何が記載されているのかを決める作業となり、それを可視化したものを「台割表」と言います。
お客様の中には、自分でこの台割表を作成する方もいらっしゃいます。

 【必見】知っていると印刷会社とのやりとりがスムーズになる用語集②

 

 ●割付

「わりつけ」と読みます。文字や写真、イラスト、図表をページに配置すること、またはその指示書のことです。

 

●丁合
「ちょうあい」と読みます。印刷された用紙を、ページ番号順に並べることをいいます。

 

●乱丁
間違った綴じ方をしたために、ページの順番がおかしくなっていることをいいます。
ちなみに、ページ自体がぬけている状態を「落丁」といいます。

 

●抜き刷り
書籍の一部を抜き出して印刷することです。例えば数名の著者が関わっている書籍(雑誌や学会の会報誌など)で、記事を書いていただいた部分のみを抜き刷りし、著者へ送付する場合があります。

 

以上となります。第一回、第二回に分けて印刷用語の説明をしましたが、いかがでしたか?
ページ一つでも、部位によってさまざまな名称に分かれていますし、印刷もたくさんの工程に分かれています。そんな時、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

それでは今回はこのあたりで!

 

 




 

 

関連記事

小冊子にもいろいろ。くるみ製本、中綴じ製本・・・

【担当者必見】初めて小冊子をつくる人が知っておきたいポイント【3】

    こんにちは、トリヤマです。     過去2

記事を読む

トリヤマ駆けつける

現地へ様子を見に行ってきました!

朝晩の冷え込みがきつくなってきましたね~。 おかげさまで風邪気味のトリヤマです(笑 &nbs

記事を読む

シンガポールのスパの販促用にマンガチラシを制作した際の下書きです

ネームの次は「下書き」へ

だんだん涼しくなってきましたね。 今年の夏もインドアで過ごし切ってしまいました、トリヤマです。

記事を読む

必見!日常のスキマ時間で効果的なPRを!

必見!日常のスキマ時間で効果的なPRを!

        こんにちは、トリヤマです。  

記事を読む

マンガ × AIDMAで、バツグンの広告効果が!

   こんにちは~トリヤマです。     先日、宣伝と販促の違いにつ

記事を読む

カラフル過ぎだと逆効果?印刷物や資料の効果的な配色とは

カラフル過ぎは逆効果?印刷物や資料の効果的な配色とは

    こんにちは!トリヤマです。 印刷物や資料を作成する際、皆さんは

記事を読む

B to Bでもマンガが大活躍!

    こんにちは~トリヤマです。     さて、

記事を読む

マンガ×「つづきはこちら」の圧倒的パワー!

    こんにちは~超絶寝不足のトリヤマです。     なぜ

記事を読む

【初めて担当になる方へ】冊子作成を依頼する前にイメージしておいてほしいこと:その2

【初めて担当になる方へ】冊子作成を依頼する前にイメージしておいてほしいこと:その2

    こんにちは!トリヤマです。 前回の記事で、冊子を作成する前にイメージしてお

記事を読む

紙媒体と比べた電子コミックのメリット・デメリットについて

紙媒体と比べた電子コミックのメリット・デメリットについて

  2016年4月20日、楽天がスマートフォン・タブレット向けの電子コミックに特化し

記事を読む