卓上カレンダーが贈答用ノベルティに適している4つの理由

公開日: :

卓上カレンダーが贈答用ノベルティに適している4つの理由

 

 

こんにちは!トリヤマです。

すっかり寒くなってきて、気がつけばもう11月に突入しているではありませんか!
このままだとあっという間に年末になってしまいますね…。

 

 

年末といえば、お客様に日ごろの感謝の気持ちを込めて贈答品を贈る時期です。
「毎年同じものを贈っているから、今年も一緒でいいや」とお考えのあなた!この記事を読んで、ぜひ今年の贈答用ノベルティを決める際の参考にしていただければと思います。

 

 

今回ボクがお話するのは、個人的に贈答用のノベルティとしてピッタリだと思う卓上カレンダーについてです。
なぜ卓上カレンダーなのか、4つの理由を説明いたします。

 

 

卓上カレンダーが贈答用ノベルティとして優れている4つの理由

 

 

1:一年中自社のアピールができる
カレンダーは置いていただければ、よほどのことが無い限り一年中使っていただけます。ということは、一年中自社のアピールができるということになり、販促効果を狙うことができます。
ノベルティの役割である「宣伝」を考えると、まさにうってつけのアイテムと言えますね。

 

 

2:オリジナリティを出しやすい
カレンダーの枚数に応じて、イラストや写真でアレンジできるため、オリジナリティが出しやすいです。メモ帳やボールペンなど、他のメジャーなノベルティに比べて圧倒的にアレンジできる箇所が多いため、他社との差別化ができます。

 

 

 

3:実用性が高い
スケジュールをチェックすることは仕事でも日常生活でも欠かせないものです。仕事中、恐らく多い人は1時間で5回以上はスケジュールを確認するのではないでしょうか?
今はパソコンやスマホ、タブレットなどでスケジュール管理をする方も多いですが、ちょっとした確認は卓上カレンダーの方が早いし、便利です。

 

 

 

4:捨てられる可能性が低い
ペンやメモ帳は会社の備品として大量にありますが、卓上カレンダーを常備している企業はなかなか少ないのではないでしょうか。そのため、「あまり手に入らない」という観点で、卓上カレンダーは使用されやすいです。もちろん、前述したとおり実用性が高いことも捨てられづらい要因となります。

 

 

いかがでしたか?

贈答用のノベルティはどうしても毎年一緒のものになりがちですが、
上記4つのポイントを参考に、今年は卓上カレンダーを検討してみてはいかがでしょうか。
せっかく作ってお客様に送るのですから、喜ばれるアイテムをプレゼントしたいですよね。この記事がお役に立てれば幸いです。

 

それでは今回はこのあたりで!

 

 




 

関連記事

この一年で営業ツールや販促ツール、パンフレットの漫画化、小冊子制作など、いろいろ経験しました・・・

メリークリスマス!そして冬季休業へ・・・

      メリークリスマス! トリヤマです。  

記事を読む

お堅いだけの宣伝はもう古い?目指すは日常の一部になること!

お堅いだけの宣伝はもう古い?目指すは日常の一部になること!

    こんにちは、トリヤマです。     いろんな企業さん

記事を読む

B to Bでもマンガが大活躍!

    こんにちは~トリヤマです。     さて、

記事を読む

漫画をつかった配布冊子でお客様と相思相愛に!

漫画を通じたコミュニケーション!お客様との間をつなぐ「配布冊子」のご紹介

   こんにちは。トリヤマです!   漫画化伝説でマンガをつくりたいと

記事を読む

【必見】SNSを使った口コミの効果と宣伝方法

【必見】SNSを使った口コミの効果と宣伝方法

  仕事をしていて誰もが一度は思うこと。「ウチの商品、宣伝しても認知されない・・・」

記事を読む

必見!日常のスキマ時間で効果的なPRを!

必見!日常のスキマ時間で効果的なPRを!

        こんにちは、トリヤマです。  

記事を読む

制作事例を追加しました!

  こんにちは~トリヤマです。     制作例ページに新しい事

記事を読む

マンガをつかった販促ツールづくりのアイデアは、休日に生まれる。

無料で読める! 面白くてためになるマーケティングのwebマンガ3選

      こんにちは~トリヤマです。   &nb

記事を読む

パラパラマンガでノベルティ販促!冊子やパンフレットにも使えます。

お客さんに喜んでもらえる!パラパラマンガのプレゼント

    こんにちは、トリヤマです。     お昼ご

記事を読む

2ステップマーケティングで企画するプレゼント

2ステップマーケティング。無料サンプルは1種類だけじゃダメ!?

    こんにちは、トリヤマです。     以

記事を読む