企画の根幹は「何を、なぜ伝えたいのか」という目的意識!

公開日: :

Print

こんにちは~トリヤマです。

 

さあ、もうすぐ新年度。この年度末のドタバタと戦いつつ、新年度からのいろんな販促計画を立案している方も多いのではないでしょうか。

 

今日はちょっとその販促の考え方について、お話ししていきましょう。

 

 

販促プロジェクトではまず「自社のサービスをどのようにしてユーザーに知ってもらい、購入してもらうか。」というプロセスを組み立てていきますね。

 

キャンペーンなのか。広告なのか。

文章なのか。マンガなのか。

パンフレットなのか。ウェブサイトなのか。

 

パッと考えただけでも、選択肢がいくつか浮かんできますね。

 

けれど、これらはいずれも本質的な話ではないんです。

 

これらの手段よりももっと大事なことは「何を言いたいのか」「なぜ伝えたいのか」という目的! これがとっても重要です。ここをきちんと詰めていかないと、せっかく良いサービスであってもユーザーの心には届きません。

 

目的を突き詰めるというこの作業、けっこう大変です。

 

何を言いたいのか、という問いに対して例えば「価格が安い!」という答えを出したとします。それが業界内でも最も安いとかであれば強みになりますが、ちょっと調べたら自社より安いところがたくさん出てくる・・・といった状況であれば、強みとは言えませんね。

 

いろんな切り口から自社サービスを調査・分析して強みを発掘していかなければ「言いたいこと」はただの「どこでも言ってること」になってしまいます。

 

行き詰ったら質問を変えてみて「なぜ伝えたいのか」というクエスチョンからも考えてみましょう。さっきと同じように自社を調査・分析してみて、自社の根底に流れる理念を再確認すれば、自社だからこその強みが見えてくるかもしれません。

 

強みを掘り出して目的がハッキリしたら、それを手段と掛け合わせていきます。

 

販促手法:キャンペーン、広告、メディア露出、クチコミなど
クリエイティブ:グラフィックデザインや映像、コピー、マンガなど
ツール:冊子、パンフレット、ウェブサイト、テレビなど

 

根本がしっかり作られていれば、どの手段がベストかということも判断しやすくなりますね。まあ、もちろんどんな目的であってもマンガを使っていただくのがオススメですが・・。

 

目的意識からのコンセプト設計。時間もかかるしモヤモヤの連続で大変な作業ですが、ぜひトライしてみてください!




 

 

関連記事

マンガにとって大切な言葉の力を与えてくれる書籍たち

読み手をグッと惹きつける!「言葉」の力を鍛えてます

こんにちは~。 今日も東京は気持ちの良い秋晴れ。 外回りの間のスキマ時間に、こんな本を読

記事を読む

【必見】知っていると印刷会社とのやりとりがスムーズになる用語集②

【必見】知っていると印刷会社とのやりとりがスムーズになる用語集②

こんにちは!トリヤマです! 前回に引き続き、知っていると印刷会社とのやり取りがスムーズになる用語集

記事を読む

流行りの「擬人化」で一歩先行く販促を!

  こんにちは~トリヤマです。     最近急に寒くなりま

記事を読む

新人はノートとペンでクライアントの話をきちんとメモ

営業マン必見!ノートとペンはメモを取るためだけのものじゃない

  こんにちは、トリヤマです。     この春、漫画化伝説の運

記事を読む

トリヤマ駆けつける

現地へ様子を見に行ってきました!

朝晩の冷え込みがきつくなってきましたね~。 おかげさまで風邪気味のトリヤマです(笑 &nbs

記事を読む

販促冊子も宣伝冊子も、漫画化伝説でパワーアップ!

「宣伝」と「販促」は、正反対!

  こんにちは。トリヤマです!   漫画化伝説では、「宣伝」と「販促」

記事を読む

暑い夏にも負けずに走り回っています!

「ネーム」をお客さまに提出して、次のステップへ!

  東京は今日も猛暑。   暑いですね~、みなさん熱中症にはくれぐれも

記事を読む

【超重要】効果的な販促には、適切なイメージカラーを!

【超重要】効果的な販促には、適切なイメージカラーを!

    こんにちは、トリヤマです。 いよいよ夏が近づいてきましたね。暑い季節になると

記事を読む

ちょっと変わった紙を使って冊子やパンフレットを作ると、訴求効果大!

せっかくマンガを作るなら、「紙」にもこだわってみませんか?

    こんにちは~トリヤマです。     今日は

記事を読む

小冊子にもいろいろ。くるみ製本、中綴じ製本・・・

【担当者必見】初めて小冊子をつくる人が知っておきたいポイント【3】

    こんにちは、トリヤマです。     過去2

記事を読む