カラフル過ぎは逆効果?印刷物や資料の効果的な配色とは

公開日: :

カラフル過ぎだと逆効果?印刷物や資料の効果的な配色とは

 

 

こんにちは!トリヤマです。

印刷物や資料を作成する際、皆さんは分かりやすくするために、様々な工夫をされていると思います。見出しや重要な語句を色分けしているなどがいい例でしょう。

ですが、その際はちょっと注意しなければいけません。あまり色を使い過ぎても逆に分かりづらくなったり、圧迫感が出て見づらくなります。

 

ということで、今回はいい印象を与える配色バランスについてご紹介します。印刷に関わる人だけでなく、プレゼン資料を作成している方も必見の記事ですので、ぜひご覧ください!

 

 

配色は、3~4色にまとめると良いバランスに!

以前の記事、【超重要】効果的な販促には、適切なイメージカラーを!
でもご紹介しましたが、色が与える印象はとても大きいです。
人は情報の90%近くを視覚に頼っているため、配色バランスが良いWEBサイトや印刷物、資料は自然と人の目を惹くことになります。

 

一般的には、色のバランスは3~4色にまとめると良い、といわれています。
逆にそれ以上の配色だと、見づらさが出てしまうので、注意が必要です。

例えば、以下の図を比較してください。

 

カラフル過ぎだと逆効果?印刷物や資料の効果的な配色とは

 

カラフル過ぎだと逆効果?印刷物や資料の効果的な配色とは

変えているのは色だけですが、だいぶ印象が違いますよね?
上は見出しごとに色を分けているので一見分かりやすいかもしれませんが、
ちょっとうるさい感じがして、目も疲れてしまいます。

逆に下の図は3色で抑えており、スッキリと分かりやすい印象です。
落ち着いた色使いで、最後までストレス無く読んでいただけます。

 

 

配色のバランスは70:25:5の比率で!

 

また、配色には70:25:5の比率にするとバランスがいい、といわれています。
ベースカラーが70%、サブカラーが25%、アクセントカラーが5%、といった具合です。

例えば、「漫画化伝説」のイメージキャラクターであるMr.LEG ENDを見てみましょう。

赤のベースカラー、黄色のサブカラー、アクセントカラーに銀色が配色されていますね。

カラフル過ぎだと逆効果?印刷物や資料の効果的な配色とは

 

人気のWEBサイトや印刷物、キャラクターはこの法則に基づいていることが多いです。見てみると面白いので、ご自身の周りでも探してみてはどうでしょうか。

 

以上となります。
今回は色を絞った配色のバランスについてお話ししましたが、例えば対象とする商品のコンセプトによっては、色をたくさん使ってカラフルにしたほうがいい場合もあります。しっかりと見極めていきましょう。

 

それでは今回はこのあたりで!

 




 

 

 

関連記事

うんちく!漫画の起源は●●時代まで遡る・・・

  こんにちは~トリヤマです。     日本のマンガの起こ

記事を読む

facebookで漫画を活用! 流れるフィードでキラリと光る投稿を【後編】

こんにちは~トリヤマです。今回は前回のつづき! facebookでマンガを使ってみようというお話の後

記事を読む

【担当者必見】初めて小冊子をつくる人が知っておきたいポイント【2】

      こんにちは、トリヤマです。   &

記事を読む

怯える

「マンガ好き」のレベル~上には上がいる~

みなさんこんにちは~トリヤマです。   マンガ好きを自称しているボクですが、お客様

記事を読む

NewsWeek日本版に掲載された漫画広告

NewsWeek日本版10月 7日号(9/30発売)で広告マンガを掲載中です!

こんにちは! 昨日発売されたNewsWeek日本版(10/7号)に、漫画化伝説が制作した広

記事を読む

マンガをつかった販促ツールづくりのアイデアは、休日に生まれる。

お休み中にも、マンガ漬け!

昨日はお休みをいただきました。 ゆっくりと、家で大好きなマンガを読んでいました。 ボクは歳のわり

記事を読む

アイデア出しの鉄板!3つの手段を教えます

強烈な販促アイデアが出せる!知っておきたい3つの手段

      こんにちは、トリヤマです。   &

記事を読む

トリヤマのクリスマス

  もうすぐクリスマスか・・・     クリスマス商戦に入

記事を読む

マンガ × AIDMAで、バツグンの広告効果が!

   こんにちは~トリヤマです。     先日、宣伝と販促の違いにつ

記事を読む

記事広告とネイティブ広告

    こんにちは、トリヤマです。前回に続いて、マーケティングのお話です。

記事を読む