カラフル過ぎは逆効果?印刷物や資料の効果的な配色とは

公開日: :

カラフル過ぎだと逆効果?印刷物や資料の効果的な配色とは

 

 

こんにちは!トリヤマです。

印刷物や資料を作成する際、皆さんは分かりやすくするために、様々な工夫をされていると思います。見出しや重要な語句を色分けしているなどがいい例でしょう。

ですが、その際はちょっと注意しなければいけません。あまり色を使い過ぎても逆に分かりづらくなったり、圧迫感が出て見づらくなります。

 

ということで、今回はいい印象を与える配色バランスについてご紹介します。印刷に関わる人だけでなく、プレゼン資料を作成している方も必見の記事ですので、ぜひご覧ください!

 

 

配色は、3~4色にまとめると良いバランスに!

以前の記事、【超重要】効果的な販促には、適切なイメージカラーを!
でもご紹介しましたが、色が与える印象はとても大きいです。
人は情報の90%近くを視覚に頼っているため、配色バランスが良いWEBサイトや印刷物、資料は自然と人の目を惹くことになります。

 

一般的には、色のバランスは3~4色にまとめると良い、といわれています。
逆にそれ以上の配色だと、見づらさが出てしまうので、注意が必要です。

例えば、以下の図を比較してください。

 

カラフル過ぎだと逆効果?印刷物や資料の効果的な配色とは

 

カラフル過ぎだと逆効果?印刷物や資料の効果的な配色とは

変えているのは色だけですが、だいぶ印象が違いますよね?
上は見出しごとに色を分けているので一見分かりやすいかもしれませんが、
ちょっとうるさい感じがして、目も疲れてしまいます。

逆に下の図は3色で抑えており、スッキリと分かりやすい印象です。
落ち着いた色使いで、最後までストレス無く読んでいただけます。

 

 

配色のバランスは70:25:5の比率で!

 

また、配色には70:25:5の比率にするとバランスがいい、といわれています。
ベースカラーが70%、サブカラーが25%、アクセントカラーが5%、といった具合です。

例えば、「漫画化伝説」のイメージキャラクターであるMr.LEG ENDを見てみましょう。

赤のベースカラー、黄色のサブカラー、アクセントカラーに銀色が配色されていますね。

カラフル過ぎだと逆効果?印刷物や資料の効果的な配色とは

 

人気のWEBサイトや印刷物、キャラクターはこの法則に基づいていることが多いです。見てみると面白いので、ご自身の周りでも探してみてはどうでしょうか。

 

以上となります。
今回は色を絞った配色のバランスについてお話ししましたが、例えば対象とする商品のコンセプトによっては、色をたくさん使ってカラフルにしたほうがいい場合もあります。しっかりと見極めていきましょう。

 

それでは今回はこのあたりで!

 




 

 

 

関連記事

漫画化伝説、オーストラリアに上陸!

    こんにちは~トリヤマです。     突然で

記事を読む

facebookで漫画を活用! 流れるフィードでキラリと光る投稿を【前編】

      こんにちわ~トリヤマです。    

記事を読む

チラシ、フライヤー、POP…印刷物の語源と歴史を探る!

チラシ、フライヤー、POP…印刷物の語源と歴史を探る!

    こんにちは!トリヤマです。 普段何気なく使っている言葉でも、そ

記事を読む

マンガを使っただけではだめ!セグメントをきちんとやろう

ただマンガにしただけではダメ・・・販促では「セグメント」を細かく分けよう

    こんにちは~トリヤマです!     師走に

記事を読む

あなたの伝えたいことは何ですか?

    こんにちは~トリヤマです。     突

記事を読む

マーケティング施策!役立つメルマガ制作のすすめ

「興味はあるけど今は不要」な見込顧客を掴んで育てるワザ

    こんにちは、トリヤマです。     みなさんは見込顧

記事を読む

マンガとイラストを天秤にかける

マンガとイラストの違いって?

こんにちは!トリヤマです。   学生に向けた会社説明資料や、新人教育マニュアル、製

記事を読む

販促業界最大の展示会「第7回販促EXPO」に出展いたします!

販促業界最大の展示会「第7回販促EXPO」に出展いたします!

    こんにちは、トリヤマです。今年もこの季節がやってまいりました!去年に引き続き、

記事を読む

流行りの「擬人化」で一歩先行く販促を!

  こんにちは~トリヤマです。     最近急に寒くなりま

記事を読む

あけましておめでとうございます!

    こんにちは~トリヤマです。     みなさ

記事を読む