漫画化伝説トップ > 制作の流れ

制作の流れ

  • ディレクターがお伺い(遠方のお客様はメールまたはお電話)し、ご要望をヒアリングいたします。可能な範囲で構いませんので、お話をお聞かせください。
    また、この時点でご希望の仕様が決まっている場合にはお見積りもお出しいたします。
  • ヒアリング内容をもとに、マンガシナリオをお作りいたします。
    キャラクターづくり、話の展開、結末(オチ)と、お客様がマンガで訴求したいことを掛け合わせたシナリオをお出しいたします。
  • 絵柄はマンガの印象を左右する非常に重要な要素です。
    50名を超える漫画家ラインナップの中からタッチをお選びいただきます。また、マンガ化する内容やシナリオによってこちらから最適な絵柄をオススメさせていただくこともございます。

    過去に制作したマンガのタッチはこちらから
  • シナリオをもとにラフ画を制作します。
    ラフ画はネームとも呼ばれ、マンガの設計図のようなものです。コマ割り、構図、セリフをご確認いただきますので、仕上がりイメージの参考にもしていただけます。
    「コマ割りは漫画の命」と言われています。 キャラクターやシナリオを、どんなコマ割りで魅せるかによって、読み手に与えるイメージを大きく変化させることができます。
  • ラフ画で流れが決まりましたら、本制作となる下書きとペン入れに移ります。
    漫画化伝説の漫画家はPhotoshopや漫画制作専用ソフトを用いているため、データ(pdfやjpegなど)のやり取りによって、漫画の作成進捗状況をご確認いただけます。もちろん紙でのご確認も可能です。
  • カラーをご要望の場合は、彩色いたします。
    4色(フルカラー)での漫画制作は華やかで目をひきやすいため、漫画化伝説でも一番人気のメニューです。
  • 小冊子などの印刷物にする場合は印刷・製本も承っております。
    また、コピーライティングやマンガ以外のページデザインなど、フィニッシュワークもお任せください。広告ディレクターの監修の下、クオリティーの高い製品をお作りいたします。
  • いよいよ完成品の納品です。
    印刷物の場合はエンドユーザーへの発送業務も承ります。
    Webで使用する場合はご希望のデータ形式に加工してご納品いたします。

 

お問い合わせフォームへ