【初めて担当になる方へ】冊子作成を依頼する前にイメージしておいてほしいこと:その2

公開日: :

 

  e6f146b6900d60bd957413d26fd6f12f_sab

こんにちは!トリヤマです。

前回の記事で、冊子を作成する前にイメージしておいてほしい項目を紹介しました。

・冊子作成の目的
・ターゲットの選定
・配布方法
・印刷物の種類
・ページ数
・制作部数

今回も引き続き、同じテーマを取り扱います。
冊子だけでなく、チラシやDMなど、紙ものを作成する際にも同じことが言えますので、「初めて制作会社に依頼するんだけど、何を決めておけばいいんだろう」と不安になっている方はぜひ参考にしてください。

 

 

冊子作成の前にイメージしてほしいことその1:カラーかモノクロか

写真やイラストを多用する冊子であればフルカラーをおススメします。モノクロはフルカラーに比べ安く、色のチェックも少ないため作成期間も短くなります。予算や納期と相談しましょう。
表紙や中身の一部をカラー、その他をモノクロにもできます。

 

 

冊子作成の前にイメージしてほしいことその2:紙の選定

冊子の内容や用途によって適している紙がありますので、仕上がりを意識しつつどんな紙がいいかイメージしてください。
例えば写真やイラストを多用するならばコート紙、高級感や重厚感を出したいのであればマットコート紙などです。

本屋に並んでいる雑誌や書籍に触れ、参考にするのもいいでしょう。

以下の記事で印刷用紙の特徴と用途を説明していますので、ご参照ください。

●印刷用紙はどれを使用したらいい?絶対押さえておきたい三種類
●紙の厚さによって変わる!印刷物の用途一覧

 

 

 

冊子作成の前にイメージしてほしいことその3:綴じ方

綴じ方とは、ページをまとめて冊子の状態にする方法のことです。普段はなかなか意識しないことだと思いますが、ページ数や用途によって最適な綴じ方があるのです。
以下の記事に綴じ方の種類と適切な用途をまとめていますので、ご参照ください。

●【必見】こんなに違う!印刷方式の種類と用途まとめ

 

 

 

冊子作成の前にイメージしてほしいことそのその4:取材の有無

冊子によっては、内容により説得力を持たせるため、外部に執筆を依頼します。例えば健康食品に関する冊子であれば、効能や成分に関しての説明を薬学部の教授に依頼するなどです。スケジュールや予算と相談しておきましょう。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。全てを事前にイメージしておくことは少し大変だと思う方は、「冊子を作成するにはこのくらいの項目を決めるんだな」と心に留めていただければと思います。特に紙の種類や綴じ方は、実際に見てみないと想像が難しいですし。
この記事が冊子作成を担当される方のお役に立てれば幸いです。

それでは今回はこのあたりで!

 




 

 

関連記事

マンガをつかった販促ツールづくりのアイデアは、休日に生まれる。

無料で読める! 面白くてためになるマーケティングのwebマンガ3選

      こんにちは~トリヤマです。   &nb

記事を読む

うんちく!かつて、マンガは高級品だった・・・

  こんにちは~トリヤマです。   以前、マンガの歴史の深さについて、

記事を読む

トリヤマ駆けつける

現地へ様子を見に行ってきました!

朝晩の冷え込みがきつくなってきましたね~。 おかげさまで風邪気味のトリヤマです(笑 &nbs

記事を読む

漫画をつかった配布冊子でお客様と相思相愛に!

漫画を通じたコミュニケーション!お客様との間をつなぐ「配布冊子」のご紹介

   こんにちは。トリヤマです!   漫画化伝説でマンガをつくりたいと

記事を読む

新入社員教育にマンガを使おう! 

  こんにちは~トリヤマです。     長い冬もようやく終

記事を読む

もう毎月のネタで困らない!社内報の企画12カ月分のまとめ 1~6月編

もう毎月のネタで困らない!社内報の企画12カ月分のまとめ 1~6月編

  こんにちは!アヤコです。 以前、こちらのブログで社内報のネタについて解説いたし

記事を読む

B to Bでもマンガが大活躍!

    こんにちは~トリヤマです。     さて、

記事を読む

マンガ冊子や書籍づくりの基礎「表記統一」

  こんにちは!トリヤマです。     みなさんはマンガや本を

記事を読む

【他のブースと差がつく!】展示会のツールとして漫画が大活躍する理由

【他のブースと差がつく!】展示会のツールとして漫画が大活躍する理由

 こんにちは!トリヤマです。 今回は、展示会で漫画を活用することによって、  他の出展社と差

記事を読む

「マンガで読む」系書籍の大ヒットに見る、ライト層向け販促のヒント

  こんにちは~しれっとオーストラリアから帰国していたトリヤマです。  

記事を読む